NoNoキュレーション

スポンサードリンク

ギターコードのタブ譜(TAB譜)とU-フレット

◆ギターコードのタブ譜(TAB譜)は「楽譜」

ギターをはじめる上で誰もが押さえ方でつまづきやすいのは、やはり「F」コードでしょう。

ですが、難関といわれる「Fコード」は、手の大きさや指の力、あるいは才能やセンスにかかわらず、誰でもコツを掴めば押さえられるようになります。

しかも、『F』コードを1つ覚えれば、12個のコードを押さえられるのと同じ効果があると言われています。

ところで、ピアノなどの楽器には「譜面」と言われるものがあります。

ギターには、この譜面にあたる便利なものがあるのを知っていますか?

それが「タブ譜(TAB譜)」です。

タブ譜(TAB譜)はギターの指板を図解したような非常に見やすい譜面となっています。


◆タブ譜(TAB譜)・コード表

実際のタブ譜を見てみると一番細い1弦から、一番太い6弦までが上から下に並んでいます。

6本の弦をフレットで区切って図解してあるので、コード表としてとっても見やすいです。

そして、どこを抑えれば良いのか、を示してありますので、そこを指先(または指の腹)で押さえていけば良いということになります。

◆フレットの押さえ方

フレットを押さえる時、どこを押さえればいいのでしょうか?

ギターのコードを押さえるときは、なるべくフレットに近い位置で弦を押さえるのが鉄則です。

ダメなのはフレット上の弦を押さえる事です。

また3フレットを押さえるケースでは、2フレット側の方を押さえるのもNGです。

ベストな押さえる位置は、きちんと3フレット側のギリギリあたりを押さえる事。そうすればしっかりと音が出ます。

スポンサードリンク



◆Fコードの押さえ方

ギター始めて最初の難関Fコード。

「人差し指をピーんと伸ばして、押さえるんだけど、うまく押さえられない。ハッキリ言って、手が痛い・・・」という声も耳にします。

この難敵、Fコードをマスターするにはいろいろとコツがあるようです。

まず、Fコードと呼ばれるものは「セーハ」という押さえ方を誰もがしています。

ちなみに、セーハとは、1本の指で複数の弦を押さえることを意味するギター用語です。

この、人差し指のみ一本で「F」は6本すべての弦を押さえるのが難しいのです。このセーハの状態からさらにFでは中指・薬指・小指で弦をおさえ新しい音を付け加えていきます。

コツはフレットの近くで押さえること。当然ですが必要な力の負担が変わります(少ない力でOKなのです)。

フレットの近くであれば、それほど力を入れなくても、押さえる事ができるのです。

また、人差し指を斜めに傾けてることも上手く押さえるコツになります。

つまり人差指の「腹」ではなく(親指側の)「側面」で弦を押さえるのが上手くなるヒントです。

さらに言えば、人差指を少し内側に湾曲させて押さえる人もいます。これは各人の感覚で取り入れるといいでしょう。

ポイントをまとめてみます。

・親指は指板の裏の真ん中
・他のコードよりも手首を前に
・人差し指は親指側を使って押さえる
・ネックの裏にある親指の腹でネックを強く押す
・フレットぎりぎりのところをセーハ
・高いフレットの位置で少し練習をしてみる
・人差し指を上下させて音が出やすい場所をさがす

いかがでしょうか?参考になるものがあったでしょうか。

手首の位置、肘の位置、それぞれ微妙に変化しますので、それを体感しながら練習し体で覚えていくと良いのかもしれませんね。


◆無料で歌詞とコードが見れるU-フレット(ギタリストのバンドスコアとしてもOK!!)

あなたがギターコードを練習してうまく押さえる事ができるようになったら、弾き語りにもチャレンジしたくなるはずです。

あるいはバンドを組んでLIVEなどで演奏して見たくなるかもしれませんね。

そんな時にバンドスコア等として役立ちそうなサイトがインターネット上にはいくつかあります。

例えば無料でギターコードや歌詞まで掲載しているのが「U-フレット」というサイトになります。

タブ譜(TAB譜)と歌詞が載っているので、弾き語りやバンドマンにはピッタリです。

最新の流行歌からなつかしのメロディーまであります。

また、初心者向けの「入門」「初級」編のコーナーもあり、ちょっと弾けるくらいの人でもチャレンジできそうです。

その他、ピックアップカテゴリが充実しており、

・定番ソング
・洋楽
・アニメソング
・ボーカロイド
・映画
・ドラマ
・CMソング
・ジブリ
・童謡

などがあります。あなたの好みに合わせてギターの弾き語りができそうですね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク